ノウハウ

アルミホイールのタイヤ空気圧が測定できる機器を扱う【バスク株式会社】~燃費を良くする運転方法~

  • LINEで送る
20181128_TPMS_AirSafe_アルミホイールのタイヤ空気圧が測定できる機器

アルミホイール・スチールホイールに対応する商品「AirSafe®」

アルミホイール・スチールホイールに対応する商品「AirSafe」

タイヤの空気圧を正常に保つことで、燃費の向上が期待できます。

しかし、タイヤは非常に硬く、見た目だけでは空気圧が正常かどうかを把握しにくいものです。

【バスク株式会社】で提供している「AirSafe®」は、タイヤ空気圧をモニタリングする機器で、

アルミホイール・スチールホイールのそれぞれに対応した商品をご用意しています。

空気圧をリアルタイムで測定できるので、燃費の改善に役立てられるだけでなく、

パンクなどのトラブル回避にも役立てることができます。

タイヤ空気圧の測定が手軽な機器を販売

タイヤ空気圧の測定が手軽な機器を販売

タイヤ空気圧の測定は、車を安全・快適に乗るために必要です。

【バスク株式会社】で販売する機器「AirSafe®」は、タイヤ空気圧をリアルタイムでモニタリングできます。

精度が高く、簡単に測定できるので、ぜひ車の管理にお役立てください。

車の運転方法によって変わる燃費の良さ

車の維持費で多く掛かるのが、ガソリン代です。ガソリンは値段が不安定な物資で、

高騰してしまうこともあるため、燃費が良い車を選ぶに越したことはありません。

しかし、すでに車を持っている場合、車自体を買い換えようとするのはなかなか難しいでしょう。

車を買い換えずに燃費を良くしたい方は、運転方法を工夫するのがおすすめです。

その方法は決して難しいものではありません。
意識すべき点は、発進の際にアクセルを踏み込みすぎないことです。

強くアクセルを踏みこむ動作を繰り返していると、燃費は悪くなります。

また、加速と減速を何度も繰り返すような運転も燃費の悪化を招いてしまいます。

できる限り加速・減速を繰り返さないよう心がけましょう。

発車した後は、エンジンの回転数を最も燃費のよい状態に保つことが、燃費改善への近道です。

諸説ありますが、大体50~60Km程度が良い燃費を保つ速度だと言われています。

高速道路を走行する場合は、80~90Kmを目安にしましょう。

100Km以上になると空気抵抗が強くなり、燃費は悪くなります。

タイヤ空気圧を適切に保つことも、燃費改善に役立ちます。定期的に空気圧を確認し、

タイヤを正常な状態に保ちましょう。

  • LINEで送る
電話してみる