よくあるご質問

ここではお客様からのよくある質問をまとめてみました。

ホイールセンサーは自分で取り付けできますか?
本製品のホイールセンサーは4輪別々にタイヤ内に取り付けます。タイヤショップかタイヤ交換の技術を持つ整備工場などで、プロに取り付けてもらう必要があります。

AirSafe取扱販売店に行く!
夏用、冬用の2セットのタイヤセットに使用する場合、レシーバーを共用出来ますか?

1つのレシーバーで複数のタイヤセットを共有することは可能です。
ただし、タイヤセットを交換する際に、タイヤの空気を抜く同期作業が毎回必要になります。この作業は大変手間がかかる上、単体センサーを4つご購入する費用も割高なのでコストパフォーマンスが良くありません。

従いまして、複数のタイヤセットをご使用される場合は、各セットごとに1つのAirSafeをご使用いただき、レシーバーごと交換してご使用されることをお勧めいたします。

AirSafe_お勧めできないパターン

×お勧めしません

A夏タイヤセット4本
B冬タイヤセット4本
A夏タイヤセットのレシーバー共用
※毎回煩雑な同期作業が必要のためお勧めできません。

 

 

AirSafe_お勧のパターン

◯お勧めの方法
A夏タイヤセット4本―A夏タイヤセットのレシーバー
B冬タイヤセット4本―B冬タイヤセットのレシーバー
※セットごとにレシーバーを載せ替えると同期作業が不要ですぐに使えます。

空気圧の他に温度表示の必要性はありますか?
タイヤのバースト寸前には異常な温度上昇をするなど、タイヤ内の空気温度と空気圧は密接な関係があります。目視でタイヤ内温度をモニタリング出来ることは非常にメリットがあります。
レシーバー(モニター表示部)の電源は?
モニター表示部の電源はシガーライターから簡単に取ることができます。 きれいに配線されたい場合は取り付け店にご依頼ください。特定小電力無線局認可取得済なので安心してお使いいただけます。
レシーバー1つで、ノーマルタイヤ、スタッドレスタイヤ各タイヤセットにセンサーを取り付け使用することは可能でしょうか?
一つのレシーバーで2組のタイヤセットのセンサーを共用することは可能です。ただし追加のセンサーに対して、モニターとの所定の同期登録作業が必要になります。
センサー部の部品の販売は行っておりますでしょうか?
補修部品用のリペア品としてセンサー単体のご準備がございます。
弊社窓口にて直接ご対応いたします。 別のタイヤホイールセット用に複数個のセンサーのみをお求めの場合は、レシーバーとの同期作業が煩雑なためAirSafeもう1セットご購入の上ご使用ください。
電話してみる