キャンピングカーのタイヤは、過酷な仕事を引き受けているのです。

AirSafe_01過酷な仕事

キャンピングカーのタイヤは普通乗用車に比べて過酷な状況にさらされています。

重い荷物をたくさん積んで路面状況の良くない山道を走行したり、

狭いワインディングで道端の石を踏んでしまったり、

はたまた河原の砂利道など、楽しいキャンピングポイントまで行くために

パンクのリスクと戦わなければなりません。

万一、タイヤが少し傷ついて、そこからゆっくりと空気が抜けて行ったとすると。。。
タイヤがペチャンコになって走れなくなる状態に気が付くまでが、

とても遅くなってしまうかも知れません。

その時もし

人気のない山の奥だったら?

ガソリンスタンドまではるか遠い海岸線だったら?

楽しい体験をしに行くのに、こんな真っ青になるような体験は必要ありませんね。

AirSafeなら正確なセンサー性能で、

ゆっくり空気が抜けるパンク(スローパンクチャー)も見逃しません。

いつもの空気圧から20%圧力が低下すると警報を発しますので、

この時点で気がつけば最悪の事態は避けられる可能性が高くなります。

AirSafeで、安全でイヤな思いをしない旅行を楽しんで下さいね。

電話してみる