ツール

高品質なTPMSのツールをお届け~セルフ点検のポイント!点検項目を知ろう~

  • LINEで送る

日本製・高品質なTPMSのツールを提供するメーカー

日本製・高品質なTPMSのツールを提供するメーカー

TPMSのツールをお求めなら、日本製・高品質な商品を提供するメーカー【バスク株式会社】をお選びください。

【バスク株式会社】が提供する「AirSafe」は、タイヤの空気圧を手軽に確認できるTPMSツールです。日常的にタイヤを点検する際、専門の機械がなければ、どの程度空気圧が減っているのかは感覚でしか判断できません。

TPMSのツールがあれば、空気圧を測ったことがない方も簡単にタイヤの状況を把握できます。日本製・高品質なのはもちろん、基本操作が簡単でとても見やすいので、TPMSのツール導入をお考えの方はぜひご検討ください。

車の維持に欠かせないセルフ点検

車の維持に欠かせないセルフ点検

車の性能を維持するためには、定期的な点検が必要です。点検を怠ると、不具合の前兆を見逃し、致命的なトラブルが起きてしまう可能性もあります。そのためにも、車は日常的に点検する必要があります。もちろん、毎日行う必要はありません。1週間に1回程度の点検をすれば十分です。

しかし、いざ点検をしてみようとしても、どこをどのように点検すればよいのか悩んでしまう方も多いでしょう。こちらでは、日常的に点検すべき項目とその方法を紹介しています。

まずは、簡単にできるワイパーを点検しましょう。ワイパーを引っ張ってみて、外れていないかをチェックすると同時に、ゴムの亀裂などを確認してください。

次に、ボンネットを開けて冷却水とウォッシャー液をチェックしましょう。冷却水は特殊な車種でなければ半透明のポリタンクに、ウォッシャー液はワイパーのマークが刻印されているタンクに入っています。

加えて、オイルレベルゲージ(黄色いハンドル)を引き上げエンジンオイルの量をチェックしましょう。オイルレベルゲージの先端に、上限と下限のマークがあるので、エンジンオイルがその間に付着していれば問題はありません。

最後に車の周りをチェックします。タイヤのパンク、へこみ、ウィンカーなどに異常がないかをチェックしましょう。

AirSafe_amazon

  • LINEで送る
電話してみる