パンク

タイヤの空気圧をモニタリングして安全なカーライフを~タイヤがバーストする4つの主な原因とは~

  • LINEで送る
AirSafe_バーストする4つの主な原因

タイヤがバーストする原因

タイヤがバーストする原因

タイヤのバーストとはタイヤが破裂してしまう現象です。バーストするときは、最初にガタガタと小さな揺れから始まって、その後大きな揺れに変わります。その間に、ゴムの焦げるニオイがするときもあります。

バーストするとパーンという破裂音がして、ハンドル操作が思うようにできなくなります。万が一、運転中にバーストしてしまったら、慌てずに速度を落として近くの安全な場所に停止しましょう。

タイヤがバーストする主な原因は4つあります。
1つは、経年劣化によって起こるタイヤのひび割れです。タイヤの経年劣化は、車を使用していなくても起こります。紫外線の影響でも劣化しやすくなるため、保管場所や日々の点検が大切です。

2つ目は、タイヤの空気圧が正常ではない状態で走行することです。空気圧が低いとタイヤに大きな負荷がかかります。逆に、気温の高さなどが原因で空気圧が高すぎても大きな負荷がかかってバーストしやすくなります。

3つ目は、荷物をたくさん積んだり人をたくさん乗せすぎることです。必要以上に、タイヤに負荷がかかってしまうとバーストの原因になります。

4つ目は、大きな釘や硬い物質の破片などを踏んでしまうことです。これらの理由により、バーストが起こる可能性があるので、タイヤの状態はこまめにチェックしましょう。

「AirSafe」で空気圧をモニタリングして車を安全に乗ろう!

【バスク株式会社】の「AirSafe」で空気圧をモニタリングすれば、タイヤの異常にいち早く気がつくことができます。

車のタイヤがバーストしてしまわないためには、タイヤの空気圧を正常に保つことが大切です。タイヤの空気圧を確認できるモニタリングシステムは、海外では導入が義務化されている国もいくつかあります。そのことからも、空気圧がいかに車の安全を保つために重要かをうかがうことができます。

 

「AirSafe」は一目で空気圧のモニタリングができるので、運転前に正常かどうかをチェックすることができます。また、運転中に異変が生じた際も素早く異変を知ることができます。モニタリングするだけで状態がわかるので、車の知識がない方も安心してご利用いただけます。

  • LINEで送る
電話してみる