パンク

タイヤの空気圧はモニタリングシステムでチェック!アルミホイール・スティールホイールに対応~車のタイヤがパンクする原因とは?~

  • LINEで送る
AirSafe_車のタイヤがパンクする原因とは

車がパンクする主な原因

車のトラブルで多いのがパンクです。昔と比べたら道路も整備されていますし、タイヤ自体の性能も高くなっているためパンクしにくくなっていますが、まったくパンクしないわけではありません。パンクして運転できなくなると大切な用事に間にあわなかったり、楽しいドライブが台無しになってしまいます。大きな事故につながる可能性もあるので、できるだけパンクは避けたいものでしょう。車がパンクする原因はいくつかあります。

 

タイヤに異物が刺さる

タイヤに異物が刺さったことによるパンクは、原因がハッキリして分かりやすいでしょう。車のタイヤは分厚いゴムでできているので、物を踏んだとしても多少のことではパンクしませんが、ガラス片や釘など鋭利な物を踏んでしまった場合、パンクする可能性があります。
近年のタイヤは、万が一、釘などが刺さってしまっても一気に空気が抜けてしまわないような構造になっていますが、徐々に空気が抜けてパンクしてしまいます。

タイヤをぶつける

タイヤに鋭利な物が刺さる他にも、縁石や壁などにぶつけたことが原因でパンクすることもあります。特にサイド面は接地面ほど頑丈ではないので、ぶつけたり、擦ったりするとパンクしやすくなります。

タイヤの劣化

タイヤの劣化がパンクの原因となることもあります。タイヤのゴムが経年劣化するとホイールとの間にすき間ができてしまい、そこから空気が漏れてしまいパンクします。
こういった特別な原因がなくても、長時間運転したり、重い荷物を載せて走行したりすることでも空気は自然と抜けていってしまいます。

タイヤの空気圧をモニタリングできる「AirSafe」~パンクを未然に防ごう~

タイヤの空気圧をモニタリングできる「AirSafe」~パンクを未然に防ごう~

タイヤの空気圧をモニタリングできる「AirSafe」なら、常にタイヤの状態が把握できます。パンクを防ぐためにはタイヤの空気圧が低い状態で走行しないことが大切です。特に空気圧が低い状態で高速道路を長距離走行するとパンクしやすいため、高速道路を利用する前は空気圧をチェックしておくのがおすすめです。

タイヤの空気圧をモニタリングできる「AirSafe」があれば、パンクになりにくい状態であることを確かめながら運転できます。

アルミホイール・スティールホイール(スチールホイール)用の空気圧モニタリングシステム

アルミホイール・スティールホイール(スチールホイール)用の空気圧モニタリングシステム

タイヤの空気圧モニタリングシステムをお探しなら、【バスク株式会社】が提供する「AirSafe」をご検討ください。

提供している「AirSafe」は、アルミホイール・スティールホイール(スチールホイール)用をご用意しています。運転中もタイヤの状態をモニタリングできるので、鋭利な物を踏んで空気が抜けてしまっているときも、いち早く空気圧の低下を把握できます。車に詳しくなくても使用できるので、取り付けておけば女性の方も安心です。

  • LINEで送る
電話してみる