ノウハウ

タイヤのトラブルを防ぎたい業者の方にもおすすめ!~タイヤの寿命と交換目安~

  • LINEで送る

タイヤのトラブルを事前に回避したい業者の方にもおすすめ~商品に関する相談にも対応~

タイヤのトラブルを事前に回避したい業者の方にもおすすめ~商品に関する相談にも対応~

タイヤのトラブルは、大きな事故につながる可能性もあるので、できれば回避したいものです。特に、車を使用する業者の方は、トラブルが起こると業務に支障が出てしまう可能性もあるため、日頃のチェックが欠かせないでしょう。

【バスク株式会社】の「AirSafe」は、タイヤの空気圧を常にモニタリングできるツールです。空気圧が低下した状態で気がつかずに走行してしまうと、タイヤの摩耗が加速し、タイヤ自体の寿命が短くなります。

「AirSafe」を使えばいつでもタイヤの空気圧をモニタリングできるので、トラブルが起こる前に異変に早く気がつくことができて安心です。取り付けも簡単なので、車を日常的に使用される方は、ぜひ導入をご検討ください。商品に関する相談も承っています。

タイヤの寿命と交換目安を知ろう

タイヤの寿命と交換目安を知ろう

タイヤは丈夫に作られていますが、摩耗により最終的には使用できなくなってしまう消耗品です。交換せずにタイヤを使い続けてしまうと、乗り心地が著しく悪化するだけでなく、最悪の場合、大きな事故につながる恐れがあります。こちらでは、タイヤの交換目安を把握する方法と、タイヤの寿命について紹介します。

タイヤ交換が必要となる時期は、タイヤの溝が1.6mm以下になったときです。これは道路交通法でも定められていて、タイヤの溝が1.6mm以下の状態で走行していると、違反により減点されます。

溝の状態は、スリップサインによって確認することができます。スリップサインとは、タイヤの側面に刻印されている矢印マークです。マークの先の溝に同様の印が出た場合、タイヤの溝が薄くなっているという証拠なので、早めに交換しましょう。
スリップサインが出ていなくても、ひび割れていたり、傷ができているタイヤは破裂の危険性があるため、使用年数に関わらず交換をおすすめします。

タイヤの寿命はノーマルタイヤでおおよそ5年、スタッドレスタイヤで3年と言われています。これはゴム自体が劣化してしまい乗り心地が悪化する年数なので、使用頻度が低くても交換するようにしましょう。

※業者様でも一般のユーザー様でもお気軽にお問合せ下さい。

  • LINEで送る
電話してみる